賃貸と持家はどちらが良いのか

賃貸と持家はどちらが良いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件では、同じ棟の中に、普通に賃貸している部屋と、マンスリー契約やウィークリー契約で貸している部屋とが混在している場合がたまにあります。もし、あなたの隣の部屋がウィークリー契約の部屋だったとしたら、その部屋には1週間ごとに違う人が出入りするということがあるわけです。気にならない人にとっては問題ないのかもしれませんが、隣にどんな人が住んでいるかということは、やはり気になる人が多いと思います。

また、1週間や1か月だけそこに住むという人は、継続して賃貸して住む場合に比べると、粗雑な生活をするということもないとは言えません。そういうわけで、隣の部屋や近くの部屋にマンスリー契約やウィークリー契約の部屋があると、生活の安心・安定という面で問題がないとは言い切れない場合もあるわけですので、注意が必要です。

目星をつけた賃貸物件に決めるかどうかを検討するときには、その建物全体を見て、そこで実際に生活することを具体的にイメージして、そこに住みたいと思うか、何か問題はないか、ということを確認するべきなのです。そういう意味で、その物件の周りの環境も見ておかなければなりません。たとえば、お墓の近くだと安心して生活できないという人なら、そういう点も確認しておくべきです。